001「山と警告」?いう雑誌の7月号に気になる文面がありましてん。某小屋の支配人さんが「初級者は独標で、中級者は西穂で技量不足を感じて引き返す」なんて書いてあったのを見つけたんです。
「へぇ~、、、じゃぁ、オレはどこでそれを感じるねやろ?」と思って確かめてみたくなったいう訳です。

えっ!お天気ですか?いいわけありません!(笑)最近じゃ「晴天の日を待ってたんでは永久に登れへんのちゃうか?」とさえ思うようになってきました(笑)

で、いきなり想定外の事態が(*´Д`*)
8時の始発のロープウェイに乗ろうと思って早起きしたんですが、待てども待てどもゲートが開く気配がありません('A`|||)
改札が始まったのが8時半。時刻表を確かめると夏季営業は先週まででした。マ、マジでぇー!!((( ;゚д゚)))
き、貴重な睡眠時間を無駄に('A`|||)8月いっぱいは夏季営業にしろ!つ~のヽ(#`Д´)ノ
こーなると時間との闘いです。(自分との闘いは終了)
9時過ぎに山頂駅を出発。7時間しかありません。焦ります。つい足早になってしまいます。暖気運転した方が結果的に楽だとは分かってはいるのですが気持ちは急いでしまいます。気が付いたら50分たらずで西穂山荘に着いてしまいました。湿度の高い樹林帯は消耗します。これが後でボディブローのように効いてくる事になります。(T_T)

20182020
休憩もほどほどに次は独標を目指します。丸山あたりでしばらくガスが解けたんですが、その晴れ間を見計らったようにヘリがホバリング!下山してくる人に尋ねると、独標の先で滑落した人の救助だそうです。
さすが訓練されてますね。ほんの2~3分で収容して行ってしまいました。その後の情報はありません。遭難者の無事を祈るだけですね。

P8312030
案の定ペースが落ちてきてしまいました。独標までは小屋から1時間ほど。
ここで腹ごしらえして核心へ。

P8312043
この先からは岩稜帯が始まります。遭難を目の当たりにしてもビビる事はありませんでした。つまり初級者ではないってこと!分かりきった事ですけど。

P8312039
以前来た時には付いていなかった番号が付いてました。ピラミッドピークは8番。
ちなみに独標~西穂間には大小11のピークがあってその一つ一つに番号が打ってありました。
遭難場所を特定するのに便利やから、、、って付けたんちゃうかな?

P8312046
つまり西穂山頂まで、まだ7つのピークを越えんとあかんいう事です。
逆に疲れる気ぃすんねんけど。無い方がいいと思ってしまうわ。

P8312055
まぁ、攀じるのは楽しいので苦にはなりませんが。
いつの間にやら7,6,5,4とピークを越えてだんだん西穂が近づいてきます。
ガスのせいでやっとこのあたりから目視出来るようになりました。

P8312049P8312082
ようやく山頂到着。ここで引き返す?アホか!実を言うと最初から西穂までのつもりはまったくありませんでした。それで焦っていたわけなんです。まだ(少しだけ)折り返すには時間に余裕がありそうです。
祝!中級者ご卒業!おめでとさんです。

P8312073
西穂を下るとこんな岩峰に手招きされます。
1つ攀じ登ってP1ピーク。不安はありません。このまま奥穂に向かいたいのはやまやまなんですが、、、('A`|||)

P8312071
頭の片隅にはロープウェイの時間の事が、、、(´Д⊂)
「4時までには着かないと」ってず~っと気になってまして思い切り楽しむ事が出来なくなってます。
疲れたので帰りは亀の歩みになる事確実なんで。

P8312070
P1ピークから見た西穂はかっこよすぎます!鋭い岩峰が天を指すように聳えてました。この方向から見れただけでもよかったと思っておきましょう。ここで引き返すことにします(ToT)/~~~
日帰りでここまで来れただけで充分や!と納得させます。

P8312074
赤岩岳へ向かう縦走路。コイツは時間がかかりそうです。
ここで対向車がやってきました。けん引車です。アンザイレンした中高年登山者。先頭のリーダーがガイドさんかな?けん引免許が必要です(笑)

P8312081
う~んそこまでして歩かなくたっていい気がします。山は連れて行ってもらうもの?登るもんでしょ!
彼らの後ろになると追い抜くのが大変そう。彼らがここに着く前に引き返す方がよさそうです。
後ろ髪引かれますが退却です。
みんなロープウェイのせいです!もっと早くから遅くまで動かしてくれっての!ヽ(#`Д´)ノ
で、ここで疲れが出てきまして両足が攣ってしまいました。こんな時にい(T_T)

P8312065
災難は続きました。再び登り返した西穂の山頂直下に気の抜けない岩場があるんですが、そこへミゾレ混じりの雨が!!('A`|||)「まだ(かろうじて)8月やで!」びっくりしました。
「勘弁して~、こんなとこ通る時に」タイミング悪すぎます(T_T)

P8312086
で、タイミングの悪さいうのは連鎖します。丸山まで下りてくると青空が広がってくるという、、、ヽ(TдT)ノ
イラっとしますよね~。こういうの。

P8312090
で、ひ~こら言うてようやく山頂駅に到着。久しぶりにバテました。
ロープウェイの最終便で下山。お待ちかねの温泉♨へGoです
近くの「野の花山荘」に立ち寄りますが外来入浴5時まで。ぎりアウト!(つД`)ノ
丁寧に追い返されます。

BlogPaint
仕方ないので「新穂高の湯」へ。サービスショット?はUさん(・∀・)
ここは今シーズンは10月いっぱい。来シーズン以降は営業しないらしいので、入った事の無い方はお急ぎください。解放感溢れる野天風呂です。

お天気に恵まれずとも、やはり穂高は楽しい!それを実感した日帰り登山でした。
技量不足の判決?を言い渡されたらどないしょ?と心配もしましたが
(*゚∀゚)っ