旧盆前は仕事に忙殺され、気力、体力ともに枯渇状態('A`|||)おまけに台風が上陸予定となれば「お盆休みはまったり過ごした方がいいんじゃね?」なんて気持ちになります。しかし、この悪天を呼び込んだであろう?ガス女からのリクエストが…。直前に新調したテントを使ってみたい欲求も重なり、あまり体力の必要ないテン泊登山を立案。

DSC_parking
目指したのは麦草峠。スタート地点がすでに標高2000m超。クルマを降りた途端、外気の涼しさに驚きました。下界は台風のフェーン現象で酷暑が続いていただけに、避暑には申し分ない環境。

【黒曜の森~青苔荘】
P8140007

P8140013
さらに目指すテン場は徒歩30分ほど。汗をかく暇もありません。 立山の室堂→雷鳥沢を上回る利便性。
DSC_tento
軽くて広い快適なテントにバージョンアップ
https://www.finetrack.com/products/kamina-dome/

P8140063

P8140021
白駒池キャンプ場は原生林に囲まれたロケーション。小屋のトイレも清潔感があっておすすめですが、台風接近中にテントを張ろうなんて酔狂な輩は他にはいてませんでした( ̄▽ ̄;)

【白駒の池】
P8140066

P8140068
目まぐるしく変わる天気の中、晴れ間を逃さず白駒池へ。これが真冬には全面結氷するん?Σ( ̄ロ ̄lll)

【ヤマネの森】
P8140034

P8140024
設営が済んだら、最寄りのヤマネの森を散策。緑の絨毯が目に鮮やか。けして負け惜しみではなく、雨が降ったからこその潤いを感じます。

P8140027

P8140057

P8150119
ところでヤマネの森って名乗るくらいですから、この森のどこかに居てるんですよね?

DSC_kuudake
トリニクトリニクイってかw 今日の天気では星空など最初から期待していませんでした。そのかわり狙ったのは…。

DSC_ESA

P8140077
撒き餌をしてリスやヤマネが来るのを待ちましたが…。しかし鼠小僧にすべてかっぱらわれるというo(T□T)o

P8140067
さて翌朝。せっかくここまで来たんですから少しは登山もメニューに組み入れます。2日目はにゅう~中山~高見石を通って麦草峠へ下山というルートで。

【青苔荘~もののけの森~白駒湿原】
P8150083

P8150089
もののけの森いうたら屋久島の専売特許だと思っていましたが、そうでもありません。看板に偽り無しでした。

P8150093

P8150091

P8150095
陳腐な言葉は要りません。その美しさに息を飲みました。コケ好きにはたまらないところですね。白駒池の周回だけならルーペ片手にゆっくりとコケにまみれる?ことも可能です。

P8150101

P8150100
ひっそりとした白駒湿原。アクセントとしてあった方がいいとは思いますが、花が欲しいところ。

【にゅうの森~にゅう】
P8150106

P8150107
湿度はともかく、体感温度は寒いくらい。ほとんど森林限界を越えず、風の影響も受けません。個人的には登山指数とやらは悪くないと判断しましたが…

P8150108

P8150109
それでも、にゅう山頂の暴風だけは心が折れそうでした。池の周回で止めておけばよかった?

【にゅう~中山~高見石】
P8150113

P8150116
人気の北八ヶ岳の山域で出会った登山者1組だけって…。暑いより登りやすいと思うけど、皆さん違うんですかい?

P8150118

P8150122
足の置場に気を使うだらだらの下りに気持ちもだらけきった頃、高見石小屋に到着。さすがにコケはもうお腹いっぱい(* ̄◇)=3げふっ!

【高見石~丸山~麦草峠】
P8150124

P8150125
丸山に登り返すルートで麦草峠へ。メルヘン街道が目に入ると魔法が解けるように一気に現実に引き戻されました('A`|||)

P8150128
最後までコケの森。台風接近中とはいえ、土砂降りや雷雨に遭遇したわけではなく、飽きるほどコケを観賞出来て、下界の猛暑から逃れられたんですから上出来だったと言えるでしょう。体力的にも無理なく、家でゴロゴロしているより有意義な夏休みになりました。