世の中、新型コロちゃん一色('A`|||)この週末には外出自粛要請も…。「金曜日ならいいかえ?」自分勝手な解釈でも人が居ないところを目指すんですから害はありませんよね?「花見や!こんな時こそ花に癒されたい!」今日は白山市吉野にある近年、知名度急上昇中のカタクリの楽園を訪ねます。

P4030057
きょ、今日ってまだウイークディなんですけど…Σ(゚д゚;) 半端ない路駐の数にびっくり!((( ;゚д゚))) 人が居ないどころではありません。 いつの間にか中高年登山者を中心にどこぞの伝染病並みの広がり方です。これ、週末に来たらえらいこっちゃ!でしたね。

P4030059

P4030147
エイ谷登山口から登り始めます。ハチブセ山からの周回も頭にありましたが、久しぶりの登山。ガッツリ歩く事は遠慮しました。

P4030061
まずはエンレイソウがお出迎え ♪ 幸先よく花に迎えられ足どりも気持ちも軽くなります。

P4030066

P4030062
そこから僅か数分。足元は早くも本日の主役がちらほら。「4月初旬ではまだ早すぎるんちゃう?」という不安は杞憂に終わりました。

P4030074

P4030071

P4030070
な、何なのここ!(|| ゜Д゜) 目に飛び込んできたのは麓の山肌を埋め尽くすカタクリの大群落!噂に違わぬ圧巻の光景は、まさにピンクの絨毯。

P4030140

P4030144
す、すげぇ(|| ゜Д゜) こんな大規模な楽園が今まで人目につかなかったということが信じられません(2017年秋 登山道開通)それまでひっそりと咲いていたんでしょうね。

P4030075

P4030134

P4030087
標高をあげるとカタクリはェードウト。それにしたがい人もまばらに。カタクリ観賞に来た人と登山者の割合は8:2といったところ。

P4030094
さぁここからは登山者だけの領域 ♪ しかし最近の自宅軟禁は容赦なく体力の低下を招きます。標高800mそこそこの山が手ごわく感じる情けなさったら・゜・(つД`)・゜・

P4030083

P4030133
馬ノ背
は名前負け(`-´メ)  巻き道もあり距離も短く期待外れでした。ま、いつものとおり、ちょっとしたアクセントです。

P4030130

P4030098
振り返ればいつの間にかその名のとおり真っ白な山塊が。今年も行けるかなぁ?早く日常が戻るのを願うばかりです。

P4030088

P4030082

P4030107
イワウチワやタチツボスミレ?に励まされ山頂手前の急登をクリア。平坦な尾根道には少しばかりの残雪も。

P4030109

P4030126
真新しい登山道分岐の標識から僅かの距離でオンソリ山の山頂です。当初はここで折り返す予定でしたが…

DSC_0302~3

P4030110
隣接する山のてっぺんに人影が( ; ゜Д゜)「あそこ(笈山)まで行けば360度の眺望だよ~」と聞けば
行かないという選択肢はないやろwとなります。

P4030113

P4030114
笈山へは稜線伝いに往復40分程度。トラロープに導かれて立った山頂はオンソリ山では叶わなかった眺望が待っていました。

DSC_0301

P4030123
東には白山。西には霞む日本海。中央奥の山がハチブセ山。と、遠すぎる!(|| ゜Д゜) 最初から縦走しようという気はありませんでしたが今後もそんな気にはならないでしょう。

P4030129

P4030127
さて、往路を戻ります。登りでは息が切れるのは久しぶりだから?と思っていましたが違いましたね。ぷるぷる震える膝が急登であることを証明してます。

DSC_0305

DSC_0306
下山後の温泉は登山口最寄の白山里。僅かですが地元にお金を落とす事も必要ですから。

BlogPaint

DSC_0303~2
ピストンで5時間程度の行程は今の体力にはぴったり。カタクリを愛でながらのんびり歩いて美味しい空気をおもいっきり吸い込んでストレス解消。オンソリ山は春の定番になるかもしれないよい山でした。