ご無沙汰してました(・∀・)つ
9月はお天気に恵まれず、増えるのは体脂肪と飲み屋への寄付ばかり('A`|||) 気が付けば「シルバーウィーク」とやらで混雑回避は至難の業。それでも探せば穴場はあるものです。紅葉には早すぎるものの、だからこそ空いていそうな海谷高地(別名732高地)へ。
image
さすがマツダコネクト!道が無い? アップデートしたばっかりやっちゅうのに。燃料ランプも点るし…と心細くなった頃に到着しました。

P9204994
奇しくも『敬老の日』間近ということで、これ以上ないタイムリーな選択に。

「どこが敬老の日と関係あんねん?」って?ここは映画「楢山節考」のロケ地。老いについて考える機会が得られたような気がしないでもないような?


P9204996
ぞ、増水やて?((((;゚Д゚))))
しかしここまで来て後戻りする気はありません。オゥ、ワタシニホンゴワカリマセ~ン(笑)

P9204991 パノラマ写真
いきなり目に飛び込んできたのは千丈ヶ岳の大岩壁!ド迫力です。圧倒されます。岩壁に張り付くクライマーさんは見当たりませんでしたが、代わりにお地蔵さんがいてはりました
 Σ(゚д゚;)

BlogPaint
さすがは糸魚川ジオパーク。まさか根知駒の後ろにこんなすごい場所があるとは…。
昨秋、根知駒を「妖怪ヌリカベ」と名付けましたが、こっちの方がよりふさわしいのは間違いありません( ̄▽ ̄)

P9204997
登山道にはたくさんの栗やトチの実が散乱してました。この辺にはクマは住んでへんのやろか?冬に向けて脂肪を蓄えなあかん季節なのにと余計な心配しますこっちは燃焼せなあきませんが('A`|||))

P9205005
 
キノコもいっぱい(≧∇≦)食べ放題でヨロレリホ~♪

P9205054
ダイモンジソウ?もまだ咲いてました。

P9204998
駒の川。その名の通り駒ヶ岳から流れおちてきます。

P9205009
岩壁をつたうなめ茸、、、ちゃう滑滝。あかん!キノコが頭から離れへん。

P9205044
振り返れば出発地点の三峡バークが見えます。

P9205048
ここが渡渉困難とされていた通称「繰り越し」
足の長さが足りず難儀しましたが何とか「繰り越せ」ました。ただし跳び移る瞬間にウェアのおマタが破けたのは内緒?です。

P9205046
七回曲ったとて昭和の大スターに会えるわけではありません(笑)

P9205043
何やら人工物が見えてきました。発電所の取水施設?
険しい渓谷は取水口の建物まで。雰囲気が激変して広い河原になってきました。
 
P9205020
 どうやらここが海谷高地。たぶん紅葉の頃はフォトジェニックな気がします。

P9205034 パノラマ写真
晴れ間が出そうで、なかなか出ないじれったい空模様。

P9205040
岩壁に日が射す時間帯はあるものの、ガスがすっきり取れることはありませんでした(T_T)

2026
海川を梓川に見たてて、その先の旗振山は屏風岩ってとこかな?「越後の上高地」と言われる所以です。違うのは人がまったく居ないことと、自然の景観であるってこと。

P9205062
海側はあんなに晴れてるのに山側はガスガスって。いやらしいわぁ
(T_T)
締めの温泉へと向かいますが糸魚川フォッサマグナ温泉は満車(>人<;)そういえばSWでした。

image
帰路の越中境は「たから温泉」へ。日本海に面した通り沿いにあるのに海が見えへんのもどうかと
…。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
「で、老いについて考えてみたんか?」って?忘れてました(笑)
ぜんっぜん物足りんので明日は第2弾行きます(^o^)/