冬型の気圧配置が緩み思いがけない晴天に恵まれた休日。年の瀬の気忙しい中ではありましたが(^人^)居ても立ってもいられず、お手軽に雪山の魅力を味わえる荒島岳まで。
著者の贔屓目で百迷山に選定されているだけあって、この季節でも訪れる登山者がちらほら。冬に登るような人は分かってるんですね。今日のような日がベストな山だと。と言うより他の季節はただの低山です。
はっきり言います。この山の旬は冬です!
嘘だと思ったら食べてください

P2162992
北陸有数の豪雪地帯にあることがここの魅力。パフパフ好きにはたまりません(≧∇≦)ただしなかなか好天には恵まれません。

2015-12-20-14-02-21
無雪期は最もつまらない(個人的な見解です)勝原コースのピストンが冬期唯一のルート。
もうひと月もすれば深いラッセル地獄が待ち受けてるはずですが、今ならまだ苦にならないレベルでしょう。        

086
ゲレンデ跡地の両脇に桜の苗木。気持ちは分からないでもないけど、賛同する気にはなりません。


007
ゲレンデは相変わらず長かった(>_<)うんざりです。
やっと登山口を出発。最初はくるぶし位の積雪深。
桜並木にせよ、このブナにせよ、百迷山ハンターに媚びてるような気がします。体裁を繕ってるようで個人的には反対ですヽ(#`Д´)ノありの~ままで~♪でよくね?

082
「どこがトトロやねん!」Σ(゚д゚;)ってツッコみたくなります。「目玉オヤジの木」にしときなはれ。

024
冬至が近いことを実感しました。日が高く昇ってきません。いつまでたっても斜光のまま。

009
カッコいいトンガリ君は経ヶ岳。密かにロックオンしてます。そのうち…。
           

高度を稼いでいくとその名の通り真っ白な白山が見えてきます

020
もひとつ白山(と経ヶ岳)展望台が切り開かれてます。あったっけ?なにせこのコースは十数年ぶり。


やっぱり冬はいい!荒島でこんな感動が味わえるんですから。今年は暖冬傾向と言われてますが、例年ならどのくらい積雪あるんですかね?

030
しゃくなげ平手前のラッセルで一汗かきました。
本日2番手なので一人分のトレースはありましたがツボ足でしたし。

032
駐車場から約2時間でしゃくなげ平。この辺りから膝下ラッセル。

一面の樹氷(≧∇≦)ようやく出会えた冬の絶景です。

038
今日は気温が上がる予報。お昼には融けてしまう可能性があります。早起きした甲斐がありました。

039
白=静のイメージ。凛とした空気と静けさは冬山の魅力。

040
急登のモチが壁のラッセルは思った以上にキツかった( ;´Д`)後続の登山者に追い抜いてもらって、後に続くと少し楽に…♪ 

2015-12-20-10-55-06
無雪期ならこのあたりからがクライマックスなんでしょうが、今日ばかりは、ずっと樹林帯を歩いていたい気分。

まだまだ積雪量が少なく直登ルートは使えません。夏道どおりに登れるので危険は感じませんでした。

059
この山は何度か意地悪してくれます。
「山頂の標識!」と期待すると前荒島Σ(゚д゚;)(山頂の下に小さく412mと書いてあります)
次こそは…と思うと中荒島。三度目の正直で荒島岳山頂ε-(´∀`; )
         
050
前荒島からはウィングヒルズスキー場の奥に乗鞍岳も見えるようになってきました。



本峰到着。山頂からは、もちろん360度の眺望が得られます。とりわけ、白山の眺望はお見事。

072
今日はホントお天気最高です♪
眼下の大野盆地の向こうに日本海まで見えてます。
その奥にロシア…視力5.0くらいあれば見えます

064
海老のしっぽがいまいち小さい。今回の冬型が弱かったってことがこんなところで分かります。

068
冬は天気が読み易いですね。低気圧、冬型、移動性高気圧の順でやってきますから。

071  063
標柱に比べると、お社の海老ちゃんは発達してます。


立山や白山が雪で閉ざされた今、貴重な雪山としての存在感が増してます。無雪期にはない魅力があると思います。

080
やはり下りでは樹氷の賞味期限は切れてますね。

078
実は下山時にかなりの登山者とすれ違いました。もう少し出発が遅れてたら巻き込まれてたはずです。冬山の醍醐味は静かに味わいたいですからね。

2015-12-20-13-50-48
百名山ってだけで登山者が押し寄せてくるのにはうんざりですが。
さて次回は年始のご挨拶になる予定です。よいお年をお迎えください。