いやっほーいっ!いよいよ待ちに待ったウィンターシーズンの到来(≧∇≦)第一弾は練りに練った計画で白馬五竜47へ。
予定では午前中に小遠見山までトレッキング。午後からはアルプス平で初滑り(≧∇≦)
それもこれも格安のリフト料金が成せる業。1日券が¥2500なら夏季の往復料金¥2200と比べても割安感あります。何度も乗っちゃっていいんですから。


IMG_1938
ところがですよ。直前に冬将軍がいらっしゃいまして滑走エリアが拡大!それに伴いリフト料金も¥4000にアップ 動かすリフトが増えるんですから当然と言えます。
これでは午後だけ滑ったところで元は取れません。貧乏くさい話ですがせちがない世の中です。ただでさえ年末はものいりなんです。しかし、どちらも捨てがたい…(^_^;)
ま、行き当たりばったりって事で(笑)「着いてから考えよう
と、とりあえずしゅっぱ~つ!

002
チケット売り場前にて、COP21のごとく?議論を重ねた結果、回数券11ポイントを購入。

IMG_1985
雪不足でクローズ中の遠見ゲレンデ。最悪クロカンで下りれないこともないと密かに考えてます。

030
両手にスキー一式、背中にスノーシュー。
ゴンドラ乗り場に居合わせた人達からは「何て欲張りなやつらやねん」Σ(゚д゚;)と思われたに違いありません。

009
麓は晴れてましたがゴンドラ降りたらこういう…。 でもまだ諦めた訳ではありませんよ~。

011
いきなりの枝地獄!しかもトレースが少なくスノーシューを履いていてもラッセルが必要でした('A`|||)

032
一の背髮で五竜岳から下りてきた十数人のパーティーとすれ違うと歩きやすくなりました。

046
良い子にしてれば?必ずご褒美が貰えるものです。 ガスの中から白馬岳登場!
いよっ!待ってましたぁ*(^o^)/*

BlogPaint
慌ててカメラを取り出すツレ。で、とんでもない一言を発します。「カートリッジ忘れた!」('A`|||)
はぁ?ま、まさかストーブのやないやろな

039
お~。なんか、いっぱしのカメラマンぽいやないか(笑)

040
すっかりお天気回復。と、言うより雲の上に出たみたいです。眼下には雲海が広がってますから。

044
尾根がダムのようにガスを塞き止めているのが面白く、眺めていても飽きません ♪

051
こんな景色も幽玄でいいですよね。
尾根上に標識を発見!どうやらあそこが小遠見山の山頂です。ラッセルした割りには思ったより早い到着です。

057
風も穏やかで山頂は絶好のラーメン日和?ですけど食べることは出来ませんヽ(TдT)ノ
そう、お湯を沸かす術がないからです
 

055
自分の背中の二人分の食糧はただの重石
('A`|||)
後立山連峰の絶景を肴にビールを飲むだけでした(TДT)

059
空は少し白っぽいものの、シーズンの第一歩としては、
まずまず。

071
ここからの鹿島槍は南峰が見えず、かっこいいとはいえませんね。カクネ里は氷河に認定される可能性大です。

070
爺ヶ岳に目をやると、期待してなかった北ア南部の山々まで見えてます。

063
槍の穂先がときどき隠れては見え…を繰り返してます。じれったいわ!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

050
復路はトレースもばっちり!
あとはブロッケンが拝めれば文句無しなんですが…。

123
そこまでは望み過ぎのようです。それでも充分満足。来た甲斐がありました。 

125
白馬三山を眺めながらの下山。お腹は満たされずとも、気持ちは満たされました。

128
半年ぶりの雪の感触はやっぱりいいもんですね。
 
129
地蔵の頭まで戻ってきました。往復3時間のトレッキングはここまで。

IMG_1999
さて、これで終わりではありません。回数券のポイントがあと7ポイント残ってますから使わない手はありません。そのつもりでスキーまで持ってきてるんですから。

IMG_2001
下りのゴンドラに必要なポイントを使い切り、クローズ中のコースを滑って下山しようとしたその時…。パトロールから止められるという悲劇!Σ(´д`;) 「ここから先は行かれへんでぇ」と(`-´メ)
「じゃあ歩いて降ります」と言ってもそれも許可して貰えず
やむなく追加料金を払ってゴンドラ下山

image
新築の白馬八方の湯へ寄り道。元の第一郷の湯ですね。冷えきった身体を温めました。

IMG_2012
そういえばお昼を食べてないΣ(´д`;)おせえよ!
吸い寄せられるようにお隣の八方温泉ラーメン店へ。
二足の草鞋で小遠見山とゲレンデを満喫。すっかり暗くなるまで遊び尽くして満足ですv(^_^v)♪
未確定ですが本年度はこれで終わりそうな予感('A`|||)
みなさまよいお年をお迎えください(。・ω・)ノ゙