そろそろ防寒のために仕方なく?身に着けた"腹巻き"を脱ぎ脱ぎしないとΣ(´д`;)付けるのは簡単ですが、脱ぎにくいってのが欠点なんですよね。メーカーのお客様相談室に電話したいところです 
さぁ、頑張ってダイエット山行と参りましょう!

008
「手軽にガッツリ歩きたい!」そんな時に適しているのが加越国境の最高峰、大長山。積雪期は取立山経由のピストンが最も登りやすいんですが距離的にはかなりタフ('A`|||)しかしヤブが雪に埋もれている今がベストシーズンに違いなく、ほとんどが稜線歩き。これにアイゼン、ピッケル必須の登降が加われば面白いルートになってるはずです。


まさかこれほど雪が少ないとは…( ゚д゚)この電話ボックスがこんなに見えてるのは初めて。


かっちゃま市内遠望。一際目立つ風景にミスマッチなドームが恐竜のお住まい。

010
お隣の護摩堂山?尾根の白い部分は滑れそうな感じ。来年あたり行ってみよかな。

007
ゆる~く一直線に稜線に突き上げるこの辺りが気分が高揚して好きな場所です。どんな景色が待ってるねやろ?と期待し…。晴れてたら…です

016
あら?今日は諦めてたのに白山が見えてます。薄曇りで日焼けせずにちょうどよかったりして。
それにしても誰~もいないってなんでなん?

025
文字通り取立山は朝メシ前。今日の行程の1/3歩いただけ。スルーして先を急ぎます。

028
取立平ももちろんスルー。

045
取立山より先、日帰りは健脚者の領域。
あつかましくも足を踏み入れます。

036
右手の経ヶ岳の形が少しずつ変わってきます。やはり稜線歩きは楽しいですね。
アップダウンさえなければ
( ̄▽ ̄)

035
鉢伏山は思ったより手強く疲れました(;´Д`A
この山の下りからアイゼン装着。
 

047
山頂は吹きっ晒し(´・_・`)足元の谷が迫力あります。

048
ようやく大長山が眼前に。他の登山者の話では直登ルートは避け左側の尾根を登るのが定石とのことです。

049
鞍部から見ると尖ってますね。いよいよ今日の核心へと。

BlogPaint
下りで巻道使いますから、登りは直登で…。この判断がそもそも間違い(T ^ T) 

055
登るほどに傾斜が増して二足歩行は困難に(T . T)
最後は四つん這いでアイゼンを蹴り込み慎重に一歩ずつ。蹴り込んだアイゼンを信じて片足を離す…。正直今までこんな怖い登り体験した事ありませんでした(T . T)もちろん写真撮る余裕はありません。

056
「面白いルートになってるはずです」…面白いどころやなかったわΣ(´д`;)冷や汗もんで登頂。 


061
山頂は大パノラマ(≧∇≦)お天気がいまいちなのはいつものことです。
北に赤兎山初見参!

064
赤兎山の奥には
1、2、3ノ峰から銚子ヶ峰へと続く稜線。
 

065
経ヶ岳と左奥に荒島岳。

070
ぽっかりお口を開けてるシュルンド。暖冬で1か月くらい早いお出まし?

image
下りの尾根の巻道も決して楽なルートではありませんでした。しかも迷いやすい森の中。


074
稜線のピストンは復路も同じくらい時間かかります('A`|||)萎えます。 体力的にもかなり厳しい(;´Д`A 


030
案の定、亀の歩み(T . T)
麓のキャンプ場までおよそ9時間の長丁場でした。
ハンパないカロリー消費したはず。ダイエット効果だけはバッチリ(//∇//)

079080
本日、大長山に登られていた方、他に3人。いかなる健脚自慢の方でもクライマーでない限り尾根コースの往復をご推奨致します。安易な挑戦は事故を招きます。