今シーズン初めてのBC。とりあえず身の丈に合ったところを物色…いや、まずは年始に悔し~い思いをした菅平高原。ここにリベンジしないと始まりません。

P3120001
見上げる根子岳の稜線はなだらかで「これならローテクのビギナーでもたちうち出来るレベルに違いない!」と直感したことを忘れてはいません。

P3120015
スノーキャット?もちろん乗りません(`-´メ)
春のBCは登りも滑りも両方楽しむ。そういう遊びです。

P3120011

P3120018
春の陽気のせいか板が重いせいか?すぐに汗だく(;´Д`A おNEWのシェルもグローブも登り始めてすぐにリュックにしまいました。

P3120008

P3120010
9時発のオモチャ?が戻ってきました。
装甲車みたいでかっこいいーっ!(≧∇≦)触りたい!乗りたい!運転してみたいっ!(NG)  

P3120016
続いて10時発のオモチャが追い抜いていきます(。・ω・)ノ゙キャットのおかげでアバウトながら時間が分かります。

P3120024
ゆっくり周辺の景色を楽しみながら登れば不慣れなシール登行も苦ではありません。というより、むしろ楽しい!

P3120022

P3120028
キャットのツアー客のためでしょうか?こんな上までコーデュロイ模様が付いていたのは幻滅しました。誰がなんと言おうと非圧雪推奨。

P3120032
ここがキャットの終点のようです。オモチャのターンテーブルがありますから。しかしなぜか誰~もいません
(゚Д゚≡゚д゚)   

P3120036

P3120040
ここから山頂はすぐでした。これじゃ誰だって山頂まで登ってきますよね。キャットが着くたびに賑わっていたようです。一緒だと、なんか達成感ないなぁ~('A`|||)
   

P3120060

P3120053
記憶に新しい山頂の祠。快晴無風で、しかも今までに無いくらい時間に余裕があります。凝ったランチでも作って食べたらよかったかなぁ
  
P3120042

P3120047 パノラマ写真
山頂からのパノラマ…って言っても北アは先ほどから何度も背景に写ってますけど。南部に行くほど雪が少ないのがよく分かります。

P3120046
さらに南へ目をやると「ゆ、雪どこ?」って感じ。

P3120049
四阿山の奥には海坊主みたいな蓼科山。その奥が八ヶ岳でしょう。

P3120039
北には横手山と草津白根山。上州の山々は割愛。さっぱり分かりませんから。

P3120050
高社山とその奥に北信の山々。日本海まで見えてそう。

P3120071
さて、縦走路でもない限り通常の登山では「下山ルートが楽しみ~♪」なんてありえませんよね?それが今日は違います。ここからが楽しみなんです。


P3120019
もちろんぴゃーっと降りてしまったんではもったいない!ゆっくりと滑りま…あ、あれ?思い通りに滑れないどころか板が暴走し…わっ!Σ(`□´/)/  と顔面着地。

P3120083
一度で足らず二度すっ転げて、ようやくウォークモードのままだったことに気が付きました
Σ(゚д゚;)ちーん

P3120020
気をとりなおして、ここからパウダーいただきます。
思っていたより軽い雪で楽しめました。

P3120078
ルートを選べば、まだまだ新雪食べ放題でした。なんでこんなに残ってるんでしょうね~?ここまで登ってきて圧雪ルート滑る人ばかり?気が知れません。

P3120073

P3120087
いやぁ~楽しかった。ヒャッハーの連続!斜度も緩めで予想通り。上級者には物足りないでしょうが、BC初級者が気分良く滑るには丁度良い感じ(≧∇≦)
       

P3120025
純粋に滑走だけを楽しむならキャットに繰り返し乗るってのも有りですね(財布に厳しいけど)

P3120079

P3120088
最後はツリーランで締め!木を見ず滑走ラインを見るのがコツ(釈迦に説法?)

P3120093
 
P3120090
今年最初のBCとしては上出来 ♪( ´▽`)
でしたがスキー場の営業終了(3月末?)を待って登った方が静かで良かったのかもしれません。その頃にはザラメパウダーに出会える確率も高くなるはずです。

【追伸】
似たような画像ばかりになってしまった事はご了承ください