野伏ヶ岳に登ったときにロックオンしていた願教寺山。登山時期を見定めていました。県道 朝日-白山中居神社線の開通(5/1~)が条件。GW真っ只中でしたが登山道が無いこの山では問題ないでしょう。

P5050102

P5050004
ほんと、石徹白川沿いを遡ると早いんです。コスパは大事ですからね。白鳥経由だと渋滞に巻き込まれてる可能性大。

P5050057
さて、この難攻不落の登山道の無い願教寺山。攻略するのも期間限定、ルート限定です。正攻法は美濃禅の途中から派生する県境尾根伝いに登るもの。善は急げ!ってことで。

P5111067
銚子ヶ峰の先まで美濃禅を使いますから、その紹介を兼ねて綴っていくことにしますφ(.. )

P5050009

P5050012
まずは大杉まで420段の階段から。
途中、5cmくらいのかわいい水芭蕉が目を楽しませてくれます。小さい方が上品な感じしますね。

P5050019
樹齢1800年の石徹白大杉。存在感がすごいというか、オーラが違ってました。

P5050022

P5050021
新緑はまだこれから。銚子ヶ峰や別山ヘ登るなら今月中旬頃からが目安。

P5050030

P5050031
おたけり坂。登りは難なく、下りは腰が引けます( ̄▽ ̄)ところで「おたけり」ってなんなん?

P5050038

P5050036
それにしても人に会いません(この後、銚子ヶ峰で7~8人会っただけ)連休の混雑?ナニそれ?って感じ。

P5050024
尾根に出ると笠羽谷を挟んで県境尾根の山々が望めます。もちろん願教寺山も。野伏ヶ岳のように直接取り付けると早いんですが…。

P5050039
神鳩の宮避難小屋まで2時間。今日もコースタイムを縮められません。最近、不節制ばかりなので…。

P5050042

P5050045
天空に続くかのような稜線を登りきると~。
別山~南白山のスカイラインが目に飛び込んできます ♪

P5050054
中央に神鳩の宮避難小屋。尾根が回り込んでいる様子が分かります。

P5050055
泰澄の母親が石に変えられたという母御岩。白山の神様ってハンコックやったん?Σ(゚д゚;)ち-ん

P5050061

P5050058

野伏ヶ岳、薙刀山、よも太郎山の順番だったかな?その奥に荒島岳が乗っかってます。

P5050062

P5050065
銚子ヶ峰の山頂はスルー。山頂方位盤が雪に埋もれていて気付かず通り過ぎてしまいました。

P5050067
この辺りで尾根を左に曲がります。ウィンカーを出しましょう。目印は…何だったっけな?ひつまぶし?ちゃう!つなぎぶしの檜とやらです。

P5050093
いきなり稜線を急降下。帰りが思いやられます(;´Д`A
それにしてもトレースが多かったのは以外でした。この連休中に登ってる人が何人かいたようです。

P5050070
見慣れた三ノ峰も稜線を進むにつれ見慣れない山容に…。
   
P5050069

P5050072
こうして見ると銚子ヶ峰も良い山ですね。復路にショートカット出来ないか模索しながら歩いてましたけど、どうも無理っぽい。

P5050091
さぁ、いよいよ目的地は眼前に。遠目から見た限りでは雪はかろうじて繋がってると思ったんですが…(雪の切れ目が縁の切れ目)

P5050078
残念!久しぶりの藪漕ぎに突入(;´Д`A 
背丈を越える熊笹との格闘は5分くらい。今後、日に日に長くなっていくでしょう。

P5050081

P5050083
山頂への最後の登り。ここに雪が残っているのが救いでしたね。

P5050088

P5050090
念願の登頂(≧∇≦) 殺風景な山頂ですが、誰でも簡単に来れる山ではないだけに達成感はひとしお。ここに来て肝心の白山は雲隠れ('A`|||)
      
P5050087
この先は、やはり残雪が切れています。野伏ヶ岳まで縦走するには遅すぎますね。来年の春のお楽しみ。

P5050064
一般登山道にバリエーション的なルートをミックスして、おおよそ8時間。そのほとんどが眺望の良い尾根歩き。お天気に恵まれれば360度の山岳景観が楽しめます。

P5050007
マニアックな山でしたが、こんな山でこそ磨かれる技術もあります。賑やかな山では得られない充実感を是非体験してほしい!…と言っても解かって貰えないでしょうねぇ('A`|||)