7月からは石川県側も無届登山に懲罰が課せられる白山(´・_・`)。oO(お気楽に登るなら今のうちか…)と出掛けてきました。

P6180118
毎年何度か登っているとあって、最近では登頂にこだわりがなくなってきてます。何か新しい発見とか出会いとか?求めるものが変化していくのは至極当然なことだと思います。

P6180056 パノラマ写真
そんなわけで今回は残雪が多い時のみ利用可能なルートで室堂へ向かってみようと考えました。そして春の花々を愛でながら歩きたい(ガラにもない)と…♪

P6180001
いきなり見知らぬ花との出会い。あんた誰やねん?(・∀・)
        
       
P6180122

P6180014
「花の白山」というと高山植物ばかり思い浮かべる方が多いと思いますが、それだけではありません。

P6180020

P6180018
林床を埋め尽くす花々が楽しめる初夏も捨てたものではありません。涼しいし人も少ないし、この季節の方が好きって方、けっこう多いと思います。

P6180127

P6180125
み、み、見つけたぁ!(≧∇≦)ラッキーアイテムとウワサの緑のニリンソウ。「やった!これできっといい事あるぞ!」今現在これといったいい事ありま…せん

P6180113
変化の術?でニリンソウに擬態してるつもりのキヌガサソウ。

P6180116
登山道下部はさながらニリンソウまつりでした。
今年もこの風景を見れて良かった ♪  


いつの間にこんな不粋なもの立てやがったん?ヾ(▼ヘ▼;)

P6180032
南竜分岐には早くもミヤマキンポウゲ?がちらほら。

P6180033

P6180037
さて、ここからは…。       
南竜への登山道を寸断する万才谷雪渓。これを使って室堂まで登ります。そのために白山では不釣り合いなピッケルまで持って来ました。

P6180040
取り付きの傾斜にゾッとしますが、すぐに緩みました。雪も腐ってますから難易度はたいしたことありません。

P6180039
物好きは他にも…Σ(゚д゚;) すごいですね~、上には上がいらっしゃいます。真似出来ません。

P6180049
本来登るようなところではありません(当たり前)バカな真似はしないでね。
で、斜度の緩い方へと自然に足が向かった結果…。

P6180050
今思えばこの辺りが岐路だったのかな?
   

P6180053
おや?ここ前にも通ったような…(・・?)
   
いつの間にかエコーラインを登っていたという相変わらずいい加減なルートファインディングΣ(`□´/)/ちーん         

006
まぁ万才谷は最後にあの化石のような氷体を登る羽目になりますから、どのみち無理だったと思います((( ;゚д゚)))

P6180058
御前峰がガスり始めましたが、最初から今日のお天気では山頂に向かうつもりはナッシング。

P6180063
それでも、とりあえず室堂へ。ちょっと早めの豪華な?昼食を摂りながら向かう先を思案します。

P6180062
GWに2~3mあった雪も無くなるのは時間の問題。解け始めると一気ですね。

P6180068

P6180073
どこで間違えたのか納得がいかず
トンビ岩コースで下山して雪渓の分岐を確認する事にしました。
   
P6180088
トンビ岩を過ぎると…。と、登山道どこ?(゚Д゚≡゚д゚)

P6180094
気にせず進めーっ!
タタタッ!!≡≡≡ヘ(*-ω-)ノ

P6180043
傾斜が丁度よく、南竜山荘までグリゼード(足の裏スキー)であっという間でした。ただし太ももぱんぱん。

P6180101 パノラマ写真
万才谷雪渓の取り付きまで降りてきました。右が本来の雪渓。ただし最後は行き詰まります。結局あれで良かったのかな?

P6180104
登りに使った雪渓をトラバースして夏道に合流。あとは往路を戻るだけ。
       


夏山開きまであと2週間。今年は残雪が多く花の最盛期も遅くなりそうな予感。代わりに雪遊びならまだまだ楽しめそうです。昨年とはずいぶん趣きが違いますが、たまにはこんな年もあっていいでしょう。