秋雨前線が停滞する9月はお天気が変わりやすく、ましてや連休に晴れが続くなんて幸運は期待できません。コスパに見あわない遠出を避け、白山の縦走で山不足を補うことにしました。

013

012
まずは下山口のハライ谷へチャリをデポ。その足で道の駅瀬女に向かいます。ここから別当出合へはバスに乗り換え。便は8:10の1本のみ!Σ(゚д゚;) これに乗り遅れないように時間には余裕をもって出発するのが肝。

P9230002
別当出合到着は9:00を過ぎてます。こんな時間から日帰りはほぼ不可能ということで、あらかじめ白山荘を予約済み。

014

017
賑やかなメジャールートにはいろんな登山者がいてはります。今日はドローンを飛ばしてる人を初めて見ました。

P9230018
砂防新道については今日はここまで。ほんとはもっと割愛したいところw

022
初日の楽しみといったら食べることくらい。今晩のメニューは白菜のミルフィーユ鍋。残ったスープでおじや。テントが無い分、食材に回したつもりでしたけど…

023
お隣のグループの持ち込みぶりにはそりゃもう、びっくり((( ;゚д゚))) おでん屋の屋台に来たかのようでしたw 他にも焼き肉やお寿司までゴチになりましてありがとうございました。たいへん美味しゅうございました。

P9230019

P9230025
そして大宴会は消灯まで続きましたとさ。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
P9240029

P9240027
翌朝、夜明け前。御前峰に向かう登山者を尻目に縦走スタート。

030

P9240036

P9240037
モルゲンに染まるんだったら大汝山頂を通過するルートにすべきだったなぁ(今朝は通ったことの無い巻き道を利用しました)

【御手水鉢】
P9240038

P9240043

【北アルプス遠望】
P9240047
しかし、お天気は長続きしません。結果的に下山まで雨に降られなかっただけでも良しとするべきでしょう。

P9240044
化け猫伝説がある四ツ塚山。登山道は山頂をスルー。ここから先がいよいよ加賀禅定道。

P9240051
奥に加賀禅定道(尾添尾根)の全容を見渡します。これを踏破しようなんてやっぱりⓂの素質あるんすかねぇw

P9240052

P9240055
長坂の名の通り。イヤになるほどなが~い坂。一里野までの距離を確認して卒倒しそうになりました。

P9240059

P9240063
それでも右手に見える清浄ヶ原の紅葉に励まされて、思ったよりスムーズに足が進みました。

【油池】
P9240064

P9240030
これだけ距離があると、さすがに秘境感はたっぷり。誰一人歩いていないどころか携帯も圏外。単独行はお勧めしません。北部白山は山慣れた人向きの山域です。

P9240068
長坂の終点。この先の小ピークを登りつめると…

P9240075

P9240074
まるで山上の瞳のような天池に到着♪ ロケーション抜群!しかしどっちから来ても遠すぎますヽ(TдT)ノ だからこその別天地とも言えますが…。

P9240077
天池から先も池塘が点在。木道を進むと見えてくるのが…

【百四丈ノ滝展望台】
P9240078

P9240081
日本最大の裏見の滝百四丈ノ滝。裏見と言っても登山道は無く近寄ることも簡単ではありません。残雪期限定でしょうね。ただしそれもエキスパートオンリー。

P9240084
あかん。滝見てたらオシッコしたくなったわ

P9240086
白山随一の急坂美女坂。急な下りでガラスの膝が悲鳴を上げます(T_T)ここからは修行のような下り。

P9240090
奧長倉避難小屋到着。想定外の5時間かかってます。今日が雨の場合は初日にここまで足を延ばす予定でしたが、とんでもない!(`-´メ) 確実に暗くなっていたはずです。計画を見直せる天気になって感謝しかありません。

P9240094

P9240092
しかり場分岐からは桧新宮参道へ(禅定道の踏破ですから当然です)都合9時間かかって足を引きずりながらの下山('A`|||)

【夜泣き銀杏(瀬戸の大銀杏)】
P9240096
最後は死者に鞭打つ10kmのロードサイクリング。ただコースのほとんどが下り勾配なことが、にわかチャリダーには救いでした。

P9240060
下山後に知りましたが、一里野の標高は僅か550m。この日の最高地点(千蛇ケ池)が2500m以上あるはずですから標高差2000mしかもアップダウンは少なくとも4山あったわけで…。こりゃガラスの膝も砕けますってΣ(`□´/)/ 復活にはしばらくかかります