10月になると紅葉前線は足早に山を駆け降りていきます。アルプス級はきっぱりと諦めて、間に合いそうなところを物色(゚Д゚≡゚д゚) 悩んだ末に選んだのは風吹大池。毎年、紅葉の季節になると浮かんでは消えていた候補の1つ。

056

012
蓮華温泉の少し手前に5台分ほどの駐車スペースがあります。ここから5分ほど戻ると登山口。ドン突きの駐車場が満車でもここは必ず空いてるのが利点。

PA070104

055
取り付きからいきなり急登('A`|||)

PA070105

PA070107
それも笹目尾根に乗り上げるまで。ここからは泥濘との戦い('A`|||) 変わり果てた姿のミズバショウがいたるところに。

019

046
当初の予定では白馬大池から千国揚尾根経由で風吹大池だったんですが悪天候でまたも変更。そのため午前中の遅い時間からゆっくり登り始めましたが…。

PA080181

020
それでも時間を持て余しました。小屋の前での待機にも限界が。雨は止む気配は無く、諦めてテントを設営。木道の休憩スペースのような板張りだった事がせめてもの救い。

PA080163
雨はもううんざり。一足飛びに話は翌朝へ移りたいと思います。

PA080161

039
予想通り、早朝はガス溜まり(´-ω-`) でも雰囲気は良いです。

057
すぐに風吹岳への分岐。とりあえず登ってみたものの、山頂には東屋があるだけ。

PA080177

PA080178
風吹大池の周囲には衛星のように寄り添う小さな池が幾つかあります。その中の1つ、小敷池。ガスが滞留していましたが待つこと10数分。緑色の水面が現れました。

PA080128

022
次は血の池。と言っても立山のように宗教的な要素は無いようです。

PA080134PA080135
その奧に神の田圃。言っちゃ悪いけど神様…田植え下手っぴ~っ!(σ≧▽≦)σあははは 往路を戻り池の周回を続けます(`・ω・´)キリッ

024

PA080144
登ったばかりの風吹岳から陽が射しはじめました。ガスが漂う幻想的な光景もそう長くは続かないでしょう。

030

PA080154

PA080179
ガスが消えていくサマを見ていると、同じように心も晴れやかになっていきますよね。ヒーリング効果も抜群です。

PA080145

PA080146
最後は科鉢池。湖面に映る紅葉に目が釘付けに。しかし、こんな場所に限って登山道が付いていません・゜・(つД`)・゜・

PA080149

PA080155
風吹天狗原の一角に飛び出せば周回も大詰め。ファイナルに相応しい、素晴らしい風景が広がっていました。こんないいところを独り占めなんて贅沢すぎる!

026

027 パノラマ写真
後ろに聳えるのは朝日岳と雪倉岳。山が見えてようやく方向感覚がつかめました。

PA080162
風吹岳の登頂を含めて池の周回の所要時間は1時間強ってところですが、半日くらいかけてゆっくり紅葉を満喫するのが、ここでの正しい過ごし方。

PA080171

PA080170
対岸のダケカンバが神々しさすら感じさせます。朝霧と光が織り成す幽玄な光景にうっとり( 〃▽〃)♪

PA080184

PA080185
これほど見応えのある紅葉に出会えるとは。「人の行く裏に道あり花の山」知る人ぞ知る紅葉の名所とはこういう場所を云うんでしょうね。

048
いやぁ、満足まんぞく。帰り際、何度も振り返り見る風吹天狗原。後ろ指…ちゃう、後ろ髪を引かれます

050
昨日は見れなかった笹目尾根からの光景。残念ながら頸城の山々はガスの中ですが、不満はありません。これだけ紅葉を楽しめたんですから。

051
下山後の温泉は姫川温泉 瘡の湯。源泉かけ流し&貸切 ♪ 蓮華温泉の混雑を考慮した事がここでも当たりましたね。最後までムフフ…の登山を堪能できました。