お正月の入笠山は雪山…いや、冬山とさえ呼ぶに相応しくありませんでした(`-´メ) ようやく今回が本格的な雪山初めと言っていいかと思います。

003

P1130055
なぜか北信五岳に名を連ねない高社山。高井富士と呼ばれる山容はそれに相応しいと思ってるんですが…。そんな疑問はさておき、ここは積雪量といい、標高といいスノーシューの履き初めにはうってつけです。

1660d294
歩き始めるといきなり目の前にイノシシ発見。すぐに逃げられちゃったのでイラストでw
今年の干支で縁起がいい出会いだったと解釈しました。

008

P1130001
やっぱり冬山はこうぢゃないと ただし雪質は激オモ(>o<") 脚への負担は想像以上。

P1130003
湿雪と格闘している間に空の青さは少しずつ範囲を狭め…

P1130013

P1130009
とうとうまっちろけに('A`|||) 
どんよりした空が気持ちに与える影響は図りしれません。

P1130052
おいおい!泣きたいのはこっちやっちゅうねん!Σ(T▽T;)

P1130015
今年もお天気に翻弄される登山が続くのかなぁ…('A`|||)せっかくの遠出なのにこれじゃコスパが…。

P1130020

P1130024
さらには肝心なところで視界まで奪われ、これ以上濃くなると雪庇歩きは危険なレベルに。

P1130025
しかし、山のお天気は最後までわからないものです。

P1130028

P1130029
山頂に着く頃に計ったようにガスが解けてくるというサプライズがあるんですから(≧▽≦)

P1130031

P1130032
先ほど踏んだピークもベールを脱ぎます。ガスがスゥ~っと消えていくのを見ていると気持ちも同じように晴れやかになるものですよね。

P1130035
東側からのトレースは、よませスキー場のトップからのもの?文字通り上から目線でゲレンデを見下ろせます。

P1130036

P1130034
晴れていれば北アや信越国境の山々も望めるはずですが…。贅沢は言いません。充分満足です。

P1130041

P1130039
気持ちもお腹も満たして(* ̄◇)=3 足取りも軽く往路を戻ります。

P1130042

P1130044
スカッと晴れっぱなしの天気より、今日のような多少惑わされる天気の方が冬山らしいとも言えます。特に日本海側の気候に属する北信では珍しいことではありません。

P1130048

P1130047
無雪期は宗教色が濃く(山は神様の領域。仏様の出る幕ではございません)野暮なルートだそうですが、雪がすべてを隠してくれました。

P1130049

P1130050
立派な樹氷に成長するにはスパルタンな自然環境が必要です。冬将軍様の頑張り次第?

P1130053

P1130054
稜線をあとにすると、待っていたように再びガスのベールで覆われはじめました。タイミングよく登れたことに感謝しかありません。一部ラッセルを含めて往復6時間。シーズンに向けて少しずつ脚力を取り戻すためにも、この山はちょうど良い行程だったと思います。