この冬、ほとんどなかった週末の好天予報に、ひょっとしたら雪山ラストチャンス?(|| ゜Д゜) 焦る気持ちが押さえきれず、何はともあれ雪の豊富そうな白馬へ。

7-11

エスカルプラザ
情報は道すがらインプット。朝一リーゼン開催中の八方はスルーして五竜に向かいます。普段なら索道(リフトなど)を使う登山に、いささか抵抗があるものの、今日は気温が上がる予想。手っ取り早く標高を稼ぐには柔軟な対応も必要です。

アルプス平

P2240085
地蔵の頭を過ぎてようやく登山者だけの世界へ。遠ざかる喧騒にほっ( -。-) =3と一息。

P2240003

P2240007

もと山ガール
雪は風に叩かれクラスト気味。スノーシューよりアイゼンのほうが適してますがクルマの中でお留守番させてきてしまいました(´・ω・`)

P2240010

P2240001

雪庇
半端ない気温の上昇に驚きを隠せません(|| ゜Д゜) 春を通り越してまるで夏。視覚と肌の触覚のギャップに戸惑うほどでした。

P2240018

P2240013
厳冬期どこいった?(゚Д゚≡゚Д゚) まさか2月にアウターもグローブも要らないなんて誰も想像できませんよね。ポケットにカイロまで忍ばせてきたってのに。

P2240016

P2240011
おかげで以前訪れたときと比べてはるかに時間を要したような…?

P2240024

天狗岳2
暑さで脳ミソが沸騰しそうだからか?余計なアイデアが浮かびます。それが小遠見山から天狗岳へ向かうバリエーション。「こ、これや!これにしよ ♪ 」

P2240022 パノラマ写真 パノラマ写真

P2240026
【天狗岳とは】
小遠見山から突き出した岬のような山で登山道はありません。白馬村と大町市の境界線上にあり積雪期のみ登頂が可能なマイナーな山です。
P2240073
しかし…。武器を間違えています。前途のとおり2人とも足元はスノーシューでアイゼン、ピッケルは不備。しかもこの暖かさでは雪崩が起きる可能性も。山では「いちかばちかという選択は絶対に許されません(`-´メ)

P2240031

P2240032
小遠見山が通過点なのは変わりません。そしてここから…。悩みましたが断念せざるを得ないでしょう(心のブレーキはまだ壊れてはいません)

P2240035

P2240040
「大遠見山でいいかぁ。鹿島槍のカクネ里を正面に見れる絶好のロケーションなんだから…」と言いながらも本当は後ろ髪を引かれていました。

おちるぞ

P2240054
あ、足が重い('A`|||) 身体は正直ですね。気持ちが体力に与える影響は想像以上

DSC_0018

P2240062
中遠見山から先、アップダウンはご覧のとおり。見ただけで気持ちが萎えてきました。「もうここでいいんじゃね?」

P2240051

P2240047
ってことで、中遠見山を今日のゴールに認定。そうと決まればリュックの中身を軽くすることに全力を注ぎます(`◇´)ゞ

P2240063

P2240059
五龍岳G5&鹿島槍北壁の壮絶な景観(|| ゜Д゜) こういうのを山襞っていうんですよね。なかなかお目にかかれないと思います。

P2240068

P2240069
達成感は今一つですが、これだけダイナミックな景観を見せつけられて満足しないわけにもいかないでしょう。この迫力は遠見尾根でしか味わえません。

P2240076

P2240075
天狗岳という新たな目標が出来たのは収穫です。行きたい山がまた1つ ♪
 
P2240087

P2240071 パノラマ写真
賑わうゲレンデに戻って本日の現実逃避は終了~。好天でしたが、求めていたものが違っただけにちょっと複雑。「このまま冬が終わってほしくないなぁ。」冬将軍様に届くといいな、この呟き。