まだ5月だというのに何なん?この暑さは…('A`|||)
こんな時はバスやロープウェイでぴゃーっ!と稜線近くまで…行きません。それは誰もが考える事。それにこれ以上の日焼けもお肌によくありません理想は森林限界を超えずに涼感が得られる山です。そんな都合のいい条件を叶えてくれるところなんて…(´・ω・`)?

P5260002

P5260003
やって来たのはあわすのスキー場。フィトンチッドの臭いが漂ってます。これもリラックス効果ありますが、ここをひと登りすると…。

【百間滑】
P5260019

P5260006
涼感は肌で感じるものだけじゃありません。目から、そして耳からも得ることが出来ます。もちろん触れても…。(*≧∀≦*)つめてぇぇ

P5260014

P5260018

P5260023

P5260025

P5260029
「どや?雪山よりずっと涼しそうじゃね?」と1人ご満悦w

【龍神(たつがみ)の滝】
P5260036

P5260037
散策路(清流の径)と呼べるのは龍神の滝が見えるこの辺りまで。マイナスイオンたっぷり浴びて涼感も得られました。さぁここからはどんなかな~?

P5260041

P5260046

P5260047

P5260044
登山道は立山杉のオンパレード。そのうちカメラを向ける気にもならなくなりました。もうお腹いっぱい(* ̄◇)=3げふっ! 

P5260053

P5260060
ガレ場やハシゴも出てきました。さらに急な階段のつづら折りが延々と…。ぐ、ぐぬぬ。つまり、思ったほど涼しくないということです

P5260077

P5260076
瀬戸蔵山の山頂は期待通り気持ちのいい木陰 ♪ もちろん眺望なんて…無いことはありません。

DSC_0104
山頂からは立山カルデラの全貌が見渡せます。でもここは眺望を求めてくるような山じゃありませんね。

P5260099

P5260096
さて、ここまできたら迷わず大品山まで。迷ったのは復路をどうするか?でした。

P5260098

P5260109
大品山から直接あわすのに降りれるルートがあるんですが、これがサバイバルルートの懸念が…。

P5260100

P5260107

P5260105
下山口を確認。決めた!やっぱりここは突撃あるのみ!鍬崎山とはここでお別れ(´・ω・`)/~~

P5260108

P5260115
心配は杞憂に終わりました。過剰に整備されてない方が、かえって自然を感じられるものです。個人的には、もっと荒れていても平気。

P5260114

P5260113
これで破線ルートって…。「山と高原地図」では初心者を想定してるんですかね?

P5260117
今年初のヒメシャガさん。なんでかな~?好きなんですよ、この花(好きになるのに理由なんて要りません)

P5260116
何やら足元に人工的な建造物が見えてきました。ダム?貯水湖かな?

P5260118

P5260124

P5260121
へぇ~、右に常願寺川、左に貯水湖のあった沢に挟まれて廊下状になってるなんておもしろい。ただし肝心の眺望は望めず、両側から沢音が聞こえるのみ。

P5260125
沢だと思っていたらいつの間にか導水管じゃねぇか!Σ(゚д゚;) 

P5260126

DSC_0108
ゲレンデトップまで降りてきました。ここまで来て最後に日当たり抜群のゲレンデを歩くなんてまっぴらです。幸い杉林の中に登山道があり、最後まで日陰を歩き通せました涼感を求めて来たのに、いつの間にやら汗だくで歩きまわっていたという…。登山者あるある?でも思惑通り、日焼けは回避ま…