富山百山の1座 大辻山。ビギナー向けのこの山に目が留まったのには理由があります。これからの季節、低山は暑さで敬遠しがち。しかし沢登り的な要素を含むルートなら例外的に登山適期が続きます。それが大辻山の白岩川ルート。いつもと違う涼し~い登山が期待出来ます。

P5240130
端正な三角形をしているのが大辻山。後ろに3000m級が控えているため、遠方からの登山者にはスルーされますが地元では人気の山です。

DSC_鍬崎山

P5240003
林道10番標識が白岩川ルートの目印。毎度の事ですが、ややこしい登山口の案内やルートの詳細は載せませんのでご了承ください。

P5240012

P5240009
ルートファインディングに多少不安は残りますが要は谷を詰めればいいだけ。自分で歩き易いところを見つけるのもスキルが身に付くものです。

P5240017

P5240019
直ぐに楽しそうなアトラクションが見えてきました。ここは大人のアドベンチャーランドすか?

P5240024

P5240026
あっという間にテンションマックス!童心にかえって遊ぶ楽しさったら…(≧▽≦) ルートの不安もどこへやら。まったく気にならなくなってきましたw

P5240036

P5240038
不安が解消されるとリラックスできます。目には新緑が眩しく、沢音が耳に心地いい。心も身体も浄化されていくように感じるのは、やっぱり水は生命の源だから?

P5240039

P5240041

P5240045

P5240046
NDフィルターを使うのも久しぶり。普段しない事をするのもまた楽し。で、三脚をストック替わりにw

P5240070

P5240051
冴え渡る風が気持ちよく潤う緑もまた格別です。本道ルートを登りに使っていたら今ごろ乾ききっていたことでしょう。

P5240058

P5240059
へツリあり、高巻きあり。とにかくサバイバル感がたまらない(≧▽≦) のは日常に刺激が足りないから?たっぷり補充しましょうw

P5240077

DSC_0347
この辺りが白岩川の源流?この流れが常願寺川を経てやがて日本海へ…。旅のスタート地点ですね。

P5240080

P5240081
北尾根ルートに合流。山頂が近づく高揚感より、沢が終わった喪失感が勝ってるなんて(´・ω・`) しばらく余韻に浸ってから歩き始めました。

P5240083
気を取り直して山頂を目指します。

P5240087

P5240094
ブナの新緑やミツバツツジが彩る登山道も捨てたものではありません。そしてやっぱりあった立山杉の巨木。

P5240088

P5240084
今年初めて見るツクバネソウ。ミドリユキザサとコシアブラが仲良くコラボレーションしてるなんて滅多とお目にかかれません。

P5240096

P5240098
青空が近づいてきました。山頂はすぐそこ。さっきまでの涼しさはどこへやら('A`|||)

P5240099

P5240106
山頂に着くや否や目に飛び込んできたのは残雪を纏った大日岳。で、でかっ!! ( ; ゜Д゜) こんなに近かったの?

P5240115

P5240105
大日岳の左後方に控えるは毛勝三山と劔岳。右後方には立山や薬師岳が鎮座し、まるで鶴翼の陣w

DSC_称名滝
そしてこの山でしか見られない絶景がこれ。称名滝の全貌が見渡せるところは他にないでしょう。こうやって雪解け水が弥陀ヶ原を少しずつ浸食していくんですね。

P5240117

P5240102 パノラマ写真
こんなに近くに見えるなら早朝か夕方に山頂に着くようにするべきだったなぁ。真っ昼間に撮影してもイマイチ納得できる写真は撮れません。

P5240120

P5240127
日当たり抜群の山頂をあとに本道ルートで下山の途に。一般登山道のこちらはほぼ割愛でいいでしょう。ってか、白岩川ルートが面白すぎでした。本道は蒸し暑く、結局いつもと変わらず汗だくになった事だけ付け加えておきます(´Д⊂)