カテゴリ:近畿以西

まだ4月というのに連日の夏日。こう暑いと雪山が恋しくなりますが、行ってみたいお山はまだ何れも麓の冬季通行止めが解除されていません(お役所仕事に臨機応変という言葉は存在しないようです)こんなときはクルマを南へ走らせます。やってきたのは滋賀県、米原市。霊仙山を ...

最近よく目にする中央分水嶺 高島トレイルの活字。山の標高はそれほど気にしない性分ですが、あまりに低いのも興味が湧きません。しかも縦走となると100%対象外。しかしシーズンオフに分割で踏破を目指すのも一興。まずはなんとなく名前の響きに惹かれた百里ヶ岳。福井県側か ...

ジメジメとうっと~しい梅雨のさなかですが、じっとしてるのも(気持ちに)カビが生えそうです。晴れ間など期待出来なくても身体を動かす事でカビの繁殖を抑えたいと…。鈴鹿セブンマウンテンで最も魅力的な鎌ヶ岳。しかし標高1161m…。正直、暑い季節に登るようなところでは ...

大峯奥駈道、第2部は大峰山脈最高峰、八経ヶ岳です。そこに辿り着くまでには幾つもの峰を越えなければいけませんが。 まず、ガスの中から姿を現したのは大普賢岳。山頂で会った登山者は同じくらい大きなザック。よかった~、他にもストイッ ...

紀伊半島を貫く神々の山稜、大峰山脈を走る縦走路は奥駈道と呼ばれ、国内でも最も古い山岳古道のひとつ。一般には大峯山というと山上ヶ岳を指しますが登山では大峰山というと八経ヶ岳を指す場合が多いようです。ややこしいんですが、どちらも今回のターゲット。大峯奥駈道を ...

↑このページのトップヘ