カテゴリ:槍穂高連峰

「山と警告」?いう雑誌の7月号に気になる文面がありましてん。某小屋の支配人さんが「初級者は独標で、中級者は西穂で技量不足を感じて引き返す」なんて書いてあったのを見つけたんです。「へぇ~、、、じゃぁ、オレはどこでそれを感じるねやろ?」と思って確かめてみたく ...

2004年の夏は槍、穂高の縦走!核心は大キレットを歩く事やと、行く前は思っていました。行った事のある人なら分かってはると思いますが、以外と簡単な縦走路でした。雑誌などで煽るもんですから、難しい岩稜帯で緊張を強いられると思っている人も多いと思いますが結果か ...

↑このページのトップヘ