カテゴリ: 飛騨 奥美濃

小京都 越前大野市。1000m級の山々に囲まれた自然豊かなこの地で新緑の季節に最もおすすめなのが姥ヶ岳の中腹に広がる平家平です。大野市が民間から買い上げて保護している約40㌶のブナ林は取得当時、全国的な話題になりました。ネックはアクセス。大野市中島は陸の孤島と言 ...

越美国境のランドマーク冠山は、その特異な山容で見る者を惹きつけます。しかし、容姿で判断すると裏切られます。登山道は一部にそれなりの急登はあるものの、全体的にみれば初級者レベル。所要時間もわずかで、ちょっとしたトレーニング感覚で往復出来ます。厄介なのはむし ...

越前大野盆地を取り囲む山々の中で、メジャーな荒島岳に次いで人気があるのが銀杏峰(げなんぽ)です。以前から気になっていたものの未踏のまま。「お天気の冴えないこんな時こそコスパ的に妥当だろう」と足を運んでみましたが、認識が間違ってました。正直、荒島岳など比較 ...

山にも旬というものがあります。特に低山では顕著。これを見誤ると、つまらない山行になりかねません。伊吹山はお花畑に彩られる夏が旬?ですが、同じ伊吹山系でも北尾根に限っては初夏がイチオシです。登山口は岐阜県揖斐川町笹又。通行止めの影響もあってアプローチが大変 ...

今回もローカル色半端ありません(東海、北陸地方にお住まいの登山者向けです)最初は場所はおろか、読み方さえ分かりませんでした。正解はいぶしやまです。ただし、いぶせやま、いのぶせやまも間違いではないようです。「この山に登るなら亥年の今年しかない!」 と、年明 ...

↑このページのトップヘ